--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■こんな私のメインサイトはこちらからどうぞ(o^-^o)
2007.06.30 ZARD
あれこれしてたら、こんな時間に(*´σー`)エヘ
どうもこんばんわ、小雪です。
この時間に更新って、珍しいですよね!


さて。今さらとゆうか・・・
やっと自分なりにケジメのついた坂井さんの事。


私が彼女の死で感じた事を、ちょっと書いておきます。
もともと私は、
そんなにZARDのファンとゆうわけではありません。


恐らくですが、負けないでが売れた頃、
私は中学1年生とかそのくらいだったと思います。
なのでまだ、そこまで歌に興味はなくって。


自分の中の思春期と少しだけずれていたのですが、
それでもZARDの歌は好きでした。


そんな坂井さんが亡くなったとゆうニュースを見た日。
私の中で、「死」とゆうものがリアルになりました。


今まで何度となく、自ら命を絶とうとした私。
その時でさえ、死とゆうものは何かよく分からなかった。
でも坂井さんのニュースを見て、
「死」とゆうのは、こうゆう事なんだと思ったのです。


残された人たちが悲しんでいるのを見て、
私も家族にこうゆう思いをさせようとしていた、と。
(私と坂井さんの場合は、状況が違うかもしれませんが)


坂井さんが死んでしまった事も、
実はいまでに信じきれていません。
天才薄命とは、よく言ったものだと思います。


色々な事を教えてくれた坂井さん。
これからも、たくさんの人を励ましていくと思います。


本当に、ありがとうございました!
スポンサーサイト

■こんな私のメインサイトはこちらからどうぞ(o^-^o)
Comment
こんばんは。
残念ながら誰かが亡くならないと、自分の中で「死」というものがリアルには感じられないんですよね。

生きていることは当たり前ではなく、私たちは「生かされている」ということ。生きる意味、死ぬ意味を考えるのは生き残った私たちの責任であり、これはもう義務といってもいいかもしれないなぁと近頃思います。

「死にたいというのは生きたいということ」という言葉をどこかで見かけたときに、私は死にたいという積極的な気持ちもなくて「いつ死んでもいい。どっちでもどうでもいい」と心から思っていたので、これじゃあ死にたいという人よりダメじゃん!!と反省しました…。

坂井さん、きっと天国でも歌ってますよね☆
みかこ (URL) 2007/06/30 Sat 22:54 [ Edit ]
>みかこさん
そうだ、そうだ!
そういえば前に、みかこさんもブログに書いてたね!


「死にたいというのは生きたいということ」


これ、確かにそうかも。
なんだか分かる気がしますよー。
奥が深い言葉ですねぇ( ̄0 ̄)/


坂井さん、天国で歌ってると私も思います♪
きっと人気者間違いなしでしょうね(o^-^o)


小雪 (URL) 2007/07/02 Mon 01:49 [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。